借主レスキュー隊 ニック外伝

アクセスカウンタ

zoom RSS コミッション営業とマージンの切っても切れない縁

<<   作成日時 : 2007/10/04 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

貸主や元付業者の出値のまま、客付業者が本来の礼金1ヶ月で決めた場合
仲介手数料分の家賃1ヶ月相当額が受取マージンになります。
その中から-----
 

フルコミ営業マンに各社で決めたマージンが振分けられる
(フルコミの場合だいたい 30%〜45%前後)
   
これが 礼金2ヶ月 つまり”1ヶ月分のっけ”で決めた場合
元付業者から1ヶ月分バックの約束があれば、
このバック分もコミッション対象額になるのです。

例 家賃 72,000円 敷2ヶ月 礼金1ヶ月
  借主の支払う契約金(保険、税は考えない物として)
  敷金       144,000円
  礼金        72,000円
  前家賃      72,000円
  仲介手数料   72、000円
  合計       360,000円
 
35%マージンとした場合の営業マンの歩合は
仲介手数料72,000円の35%=25、200円、
  
これが 家賃 72,000円 敷2ヶ月 礼金2ヶ月
     借主の支払う契約金(保険、税は考えない物として)
     敷金       144,000円
     礼金       144,000円
     前家賃      72,000円
     仲介手数料   72、000円
     合計       432,000円

同じく35%マージンとした場合の営業マンの歩合は
仲介手数料72,000円と礼金1ヶ月のっけ分のバック72,000で円
144,000円×35%=50,400円

俗に、借りるのに 6つ(むっつ)と不動産屋が言う事例です
同じ チンタイ契約金が6ヶ月でも受取サイドの中身が違う
似て非なる物の事例でした。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コミッション営業とマージンの切っても切れない縁  借主レスキュー隊 ニック外伝/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる